Fragrance

オフィス用におすすめ!香水通販ショップが基礎知識を伝授

ショップが、香水をつけるタイミングやつけ過ぎたときの対処法、香水を選ぶ際のポイントをご紹介いたします。香水初心者の方はもちろん、普段から香水を使っている方も必見の内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

香水をつけるタイミングは香りの変化がポイントに

花の横に置いてある香水と時計

香水は時間の経過とともに、トップノート、ミドルノート、ラストノートの三段階に変化していきます。その香水の香りの中心となるのがミドルノートです。つまり、香水をつけるタイミングは、ミドルノートが香るタイミングがベストということになります。

ミドルノートが香るのは、香水をつけてから30分〜1時間後ぐらいです。つける場所や量によって香るタイミングは異なりますが、外出する30分〜1時間前に香水をつけておくことをおすすめいたします。

外出先で人と会う頃には、バランスが良く、安定した香りをまとっていることでしょう。また、香水は汗のにおいと混ざらないようにするのが良い香りを保つポイントです。シャワーを浴びた後の清潔な身体につけるようにしましょう。

国産にこだわった香水を販売するカリスト オンラインショップのオードパルファムは、ブラックベリーやベルガモットのフルーティーな香り立ちからスパイシーさのあるローズ、ガーデニアへ。ラストはゆったりと甘みのあるムスクの香りが広がります。清潔感あふれるフレッシュさが特徴で、香りがきつくないためオフィス用としても人気です。通販サイトからお買い求めいただけます。

香水をつけ過ぎたらどうする?すぐにできる対処法

香水をつけ過ぎてしまった場合は、シャワーを浴びて身体を洗えば手っ取り早く香りを消すことができます。

衣服についた場合も、着替えてしまえば問題ありません。しかし、時間がないときや外出先では難しいでしょう。こちらでは、すぐにできる簡単な対処法をご紹介いたします。

ウェットティッシュでふき取る

香水はアルコールに溶けやすい性質を持っているため、アルコールの入ったウェットティッシュでふき取るのがおすすめです。香水が乾燥してしまう前に、手早く対処しましょう。

水で洗い流す

手首などすぐに洗える場所であれば、ハンドソープをつけて水で洗い流しましょう。冷たい水よりも、温かい水の方が効果的です。

無香料の消臭スプレーを使う

衣服に香りがつき過ぎた場合は、無香料の消臭スプレーを使いましょう。香りのあるものを使うと、香水と混ざってしまい逆効果になります。

香水選びに役立つ3つのポイント

オフィスの前で考える女性

香水の種類や香りは多種多様です。その中からお気に入りの一本を見つけるには、香水選びのポイントを押さえておくことが大切です。

香水を選ぶときに役立つ3つのポイントをご紹介いたします。

  1. 使用するシーンや目的を明確にするプライベート用には個性的な香り、オフィス用には主張が強くない香りなど、使用するシーンによって選ぶ香水は変わってきます。また、気分をリフレッシュさせるため、セクシーな自分を演出するためなど、使用する目的も明確にしておくのもおすすめです。
  2. 自分好みの香りを選ぶ香りは人によって好みがはっきりわかれます。お気に入りのブランドや好みのパッケージなど、人気や見た目だけで選ぶのではなく、実際に香りを試してみましょう。
  3. 香りの変化を確認する香水は時間とともに香りが変化します。30分後、1時間後と時間をおいて香りを確認してみましょう。特に、香りの中心となるミドルノートが香り出す30分〜1時間後の香りは要チェックです。

オフィス用としてもおすすめな香水なら

オフィス用の香水をお探しであれば、カリスト オンラインショップをご覧ください。国産にこだわったオリジナル商品「ロデュール ドゥ ラ カリストー オードパルファム」を通販で提供しております。日本人調香師により、気温や体温、生活習慣などが考慮されて誕生した特別な香水です。

フルーティーフローラルな香りを引き立たせるムスク、アンバーを絶妙に配合し、フレッシュで清潔感のある印象を演出します。万人に愛されるきつくない香りのため、男女問わずご使用いただけます。普段使いやオフィス用としてもおすすめです。

ロデュール ドゥ ラ カリストー
オード パルファム

 

L’ODEUR DE LA KALLISTŌ EAU DE PARFUM


ブラックベリーとベルガモットのフルーティーな香り立ちから、
スパイシーさを秘めたローズとガーデニアの香りが花開く。
ムスクとアンバーが絶妙なハーモニーを奏で、
それまでのフルーティーフローラルな甘美さを
纏いながら引き立たせる。


オンラインショップ