香水はユニセックスがおすすめ!香水メーカーが教える香りの基本知識

香水に使われる香料や香りの濃度は様々です。ソフトに柔らかく香りたい、フォーマルな場で香りたい、甘くフルーティーな香りを楽しみたいなど、その時々のシーンや気持ちに合った香水を選びましょう。そのためには、香りや香料の知識をつけておくことが大切です。

香水選びの際に大いに役立つことでしょう。ユニセックスでご使用いただけるオードパルファムを販売するカリスト オンラインショップが、香りの濃度や三段階の変化、香料の種類についてご説明いたします。オードパルファムをお探しの方、ユニセックスのオードパルファムにご興味のある方はぜひご覧ください。

香水によって濃度は違う?香りの濃度について解説

濃度の違う香水と砂時計

香水には種類があり、香りの濃度によって分類されています。

こちらでは、香水の主な種類であるオードパルファム、パルファム、オードトワレ、オーデコロンの濃度についてご説明いたします。

パルファム

濃度:15〜30%

香水の中で最も濃度が高い種類です。価格は他の種類と比べると高めに設定されており、フォーマルな場によく合う香水です。

オードパルファム

濃度:10〜15%

パルファムとオードトワレの中間の濃度です。しっかりと香り持続時間も長いですが、パルファムより手頃な価格設定となっています。日常的に使いやすく、人気の高い香水です。

カリスト オンライン ショップ で提供する香水はオードパルファムです。男女兼用で使えるユニセックスの香水で、あらゆるシーンにマッチするおすすめの香水です。

オードトワレ

濃度:5〜10%

香水初心者の方、強い香りが苦手な方におすすめなソフトな香り立ちです。

オーデコロン

濃度:3〜5%

香最も濃度が低い香水で、スポーツの後やリフレッシュしたいときにもおすすめです。

香水の香りは三段階!時間とともに変化する香りを楽しもう

香水の香りは、トップノート・ミドルノート・ラストノートの三段階にわけられます。時間の経過とともに変化する香りを楽しむことができるのは、香水の醍醐味といえるでしょう。

トップノート

香水をつけてから10分後くらいの香りで、第一印象となります。柑橘系やグリーン系など、比較的ソフトできつくない香りが使われることが多いです。

ミドルノート

香水をつけてから1時間後ぐらいの香りで、その香水の中心となる香りです。フルーティー系、フローラル系の香料が多く使われています。

ラストノート

香水をつけてから3時間後ぐらいの香りです。残香性のあるバニラやムスクといった香料が多く使われ、 残り香として楽しむことができます。

香水選びに役立つ!香料の種類

ピンク色の花

香水に使われる香料は多種多様です。大きくわけると、植物性・動物性香料である天然香料と、科学的に合成された合成香料の2つに分類されます。

植物性香料

芳香のあるバラやラベンダーなどの植物や、果実や葉っぱ、樹脂から抽出して作られています。爽やかな香りのレモン、エキゾティックなジャスミン、甘くロマンティックなローズなどが植物性香料です。

動物性香料

野生動物から抽出されますが、現在は合成香料に置き換えられています。セクシーで芳醇な香りのムスク、爽快感のあるシベット、皮のような深みのあるカストリウムなどが動物性香料です。

合成香料

植物性・動物性といった天然香料の成分を分析し、油脂や石油を原料とした化合物に作り変えた香料です。スッキリした香りのアロマケミカル、ふんわり柔らかなアルデハイデックなどが合成香料に該当します。

ユニセックスの香水をお探しなら!オンライン限定で購入可能なおすすめ香水

香水をお探しなら、カリスト オンライン ショップが販売するユニセックスフレグランス「ロデュール ドゥ ラ カリストー オードパルファム」がおすすめです。

日本人調香師がデザインした国産の香水で、オンライン通販にてご購入いただけます。ブラックベリーやベルガモットのフルーティーな香り立ちから、ローズやガーデニアに変化し、ラストはムスクやシダーウッドの暖かみのある香りへ変化します。

実際の香りをお試しいただけるムエットも通販でご用意しておりますので、ユニセックスのオードパルファムをお探しの方はぜひご利用ください。