香りがきつくない香水は重ねづけも楽しめる!メンズ・レディース問わず使える香水なら

香水はつける場所によって、香り立ちに違いがあることをご存知でしょうか。普段使いでさりげなく香り立たせたいとき、フォーマルな場でしっかり香り立たせたいときなど、つける場所を変えることで香りに変化が生まれます。

また、違う種類の香水を重ねてつけたい場合は、重ねづけのコツを押さえておきましょう。いつもとは違う香りを演出することができます。メンズ・レディース問わずご使用いただける国産香水を販売するカリスト オンラインショップが、香水を重ねづけする際のポイントや前準備、つける場所についてご説明いたします。

香水初心者の方、きつくない香水をお探しの方は必見です。

香水の重ねづけはOK?NG?重ねづけのポイント

沢山並んだ香水

一般的な香水のつけ方として、違う種類の香水の重ねづけはすすめられていません。なぜなら、香水は調香師によって考え抜かれたトップ・ミドル・ラストの香りの変化があり、その一本で完結するように想いを込めて作られているからです。

しかし、よく知られたメーカーやブランドの香水だと、友人同士や街中で香りがかぶることがあります。

そんなとき、他の種類の香水を少し足してみて、香りを変化させる冒険心があっても良いのではないでしょうか。「香水は重ねづけすべきではない」という固定観念にとらわれず、もっと自由に香水を楽しむのも素敵です。

香水を重ねづけする際のポイントは、下地に香りがソフトなきつくない香水を持ってくることです。香りの強い香水同士を合わせると、互いに主張し合ってしまいます。個性的な香りの香水を使いたい場合は、きつくない香水を下地にし、その上に重ねづけすることをおすすめいたします。

カリスト オンラインショップが販売する香水は、香りの主張が強くない『ジェンダーフリー フレグランス』です。誰からも愛されるような清潔感のある香りで、メンズ・レディース兼用でご使用いただけます。

香水初心者の方必見!香水をつける際の前準備とつける場所

香水を首元につける女性

せっかく香水をつけるのであれば、香りを十分に楽しむための前準備をしておきましょう。香水をつける前は、シャワーを浴びて身体を清潔な状態にすることが大切です。香水にとって、汗は大敵です。

香水の香りと汗のにおいが混ざると、本来の香水の香りが消されてしまいます。また、汗のにおいを抑えるデオドラントを使用する場合も、香水と混ざらないように気をつけましょう。

香水を素肌につける場合、どの場所であってもつけすぎには要注意です。毎日同じ香りをつけていると、自分がその香りに慣れてしまい、気づかぬうちにつけすぎてしまうことがあります。慣れを抑えるためには、日によって香りを変えてみるのが効果的です。

香水をつける場所は、うなじや耳の後ろだけでなく、ウエストや太ももの内側などの下半身もおすすめです。うなじや耳の後ろは、紫外線が当たりにくく香りへの影響がありません。鼻に近いため、少量でもしっかりと香りを感じることができます。ウエストや太ももの内側は、ほのかに香り立たせたいときにおすすめです。つける場所で香り立ちは変わるため、香水の種類やその日の気分、シーンによって変えてみると良いでしょう。

反対に、つけない方が良い場所は脇や足の裏です。汗と香水が混ざってしまうため、汗をかきやすい場所にはつけないようにしましょう。

メンズ・レディース問わず使える香水をお求めなら

メンズ・レディース問わず使える香水をお求めなら、カリスト オンラインショップの『ジェンダーフリー フレグランス』をご検討ください。日本人調香師が国産にこだわりを持って作っており、メンズ・レディース兼用でご使用いただけます。カップルやご夫婦にも人気の商品です。

カシス、ベルガモットなどのフルーティーな香り立ちから、ラストは甘く暖かみのあるムスクの香りへ。普段使いにもぴったりなきつくない香りで、どんなシーンにもご使用いただけます。お試しアトマイザーもご用意しておりますので、ぜひお試しください。